四万十川や仁淀川など美しい清流の苔を食べて育った鮎は、独特な香りから「香魚」とも呼ばれ、雑味のない本来の旨味が堪能できます。塩焼きでガブッとどうぞ!

Page Topへ